海が見えた  海が見える

五年振りに見る尾道の海はなつかしい

a0041073_14461127.jpg


林芙美子の小説 放浪記 の一節です

私のふるさとは尾道から島周りの巡航船で50分ほどの島  働いていた大阪から帰省の度に芙美子と同じ思いが浮かんでいました

やがて新幹線が開通してこの風景を見ることがなくなりました

元旦のお宮巡りの時 線路と橋と尾道水道が同時に見れるこの場所に来て 久しぶりにその思い出が蘇ってきました

早朝 その場所で三脚を立てました  家屋が建て込んで良い画にはなりませんでしたが これから通って撮り方を色々工夫してみようと思います
by otentoumaru | 2017-01-22 15:05 | Comments(0)
<< 東京に行ってきました エナガ >>